サステナビリティ経営の推進

神戸製鋼グループにとってサステナビリティ経営とは、外部規制や制度?基準への対応に限らず、社會課題の解決に貢獻する事業の展開や、事業を支える社會資本の持続可能性の確保など、當社グループの存続?発展には必要不可欠な取り組みです。

當社グループは、環境保全活動などのCSR活動に加え、輸送機軽量化や省エネルギーなど、かねてより環境負荷低減に貢獻するような技術?製品?サービスの提供に向けた取り組みも進めてきましたが、さらなるサステナビリティ経営の推進のため、2019年に體制を見直しました。

新たな體制のもと、マテリアリティの特定や、次期中期経営計畫におけるサステナビリティ経営の新たなロードマップを示せるよう、検討を進めていきます。

サステナビリティ経営の考え方

CSR委員會體制と機能

委員長(責任者)
取締役専務執行役員 勝川 四志彥
開催頻度
1回程度/四半期
機能
CSR活動マスタースケジュールの作成とフォロー
委員會所屬の部會やグループCSR活動の推進?モニタリング
CSR(ESG)に関わる當社グループの評価?課題の抽出
グループ中期経営計畫および年間CSR活動計畫の検討?提言
活動狀況の社內外への発信

CSR委員會の位置づけと対象分野

CSR委員會の位置づけと対象分野

ページトップへ

庆福彩欢乐生肖开奖结果