イベント案內

開催日時は、やむをえず変更する場合がございます。
ご參加の前には、ホームページまたは當館へのお電話にて、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

灘浜サイエンススクエアの実験教室

<実験屋臺><br>「知ってる?電気のつくり方」|灘浜サイエンススクエア
<実験屋臺>
「知ってる?電気のつくり方」
12月~2月のテーマは「知ってる?電気のつくり方」です。
寒い冬の季節になると、大型靜電気発生裝置「バンデグラフ起電機」のバンデちゃんの登場です!
今回は靜電気のほか、電気をためて、ある実験も行いますよ。お楽しみに!
開催日時
土曜日?日曜日?祝日
14時~14時30分
※「なるほどくらぶ」開催日を除く
開催場所
灘浜サイエンススクエア なだはまルーム
申込
不要(自由見學)
參加費
無料
<なるほどくらぶ><br>「知ってる?電気のつくり方」<br>|灘浜サイエンススクエア
<なるほどくらぶ>
「知ってる?電気のつくり方」
サイエンスティーチャーが小學高學年から大人を対象に行う新たな発見、驚きにあふれた科學実験講座です。
実験屋臺のテーマを少しほりさげ、詳しいお話や実験を行います。
12月22日、1月25日、2月23日のテーマは「知ってる?電気のつくり方」です。電気について考えてみましょう。
回により講師がかわり、講座の內容にも変化があります。講師に質問もできる実験教室なるほどくらぶをご家族でお楽しみください。
開催日時
2019年12月22日(日)、2020年1月25日(土)、2月23日(日)
いずれも13時45分~14時30分
開催場所
灘浜サイエンススクエア なだはまルーム
対象
小學校高學年~大人
申込
不要(自由見學)
參加費
無料

灘浜サイエンススクエアの自然教室

子ども自然教室<br>「いきもの好き大集合」 |灘浜サイエンススクエア
子ども自然教室
「いきもの好き大集合」
甲蟲やチョウの標本を見ながら、おもしろいお話を聞いたり、昆蟲の體やプランクトンを顕微鏡で見てみましょう!
チョウのりん粉転寫の體験もできます。開催時間內は出入り自由です。お気軽にご參加ください。

開催日時
2020年2月2日(日)
13時~16時
開催場所
灘浜サイエンススクエア ホール
申込
不要
參加費
無料
講演會<br>「たのしませてくれる身近な植物 その6」<br>「種子散布におけるタネの工夫」<br>|灘浜サイエンススクエア
講演會
「たのしませてくれる身近な植物 その6」
「種子散布におけるタネの工夫」
第一部
13時30分~14時30分
「たのしませてくれる身近な植物 その6」
アオツヅラフジやウメ、キョウチクトウなど身近に見る草木の思わぬ実のでき方など、わたしが身近な草木を見ていて惹きつけられた事柄について紹介します。
講師:NPO法人六甲山の自然を學ぼう會 窪田博行氏

第二部
15時~16時
「種子散布におけるタネの工夫」
植物は風、動物、水などを利用して仲間を増やしている。
種子を遠くへ広げるために植物はどんな工夫をしているでしょうか?
講師:NPO法人六甲山の自然を學ぼう會 恒吉正伸氏

開催日時
2020年2月16日(日)
13時30分~16時
開催場所
灘浜サイエンススクエア ホール
対象
大人
定員
100名様
申込
不要
參加費
無料

コベルコマンからのお知らせ

KOBEこどもエコクラブ 令和元年度エコ活動発表會

11月23日灘浜サイエンススクエアにKOBEこどもエコクラブが集まり、それぞれのグループが
日頃から行っているエコ活動を発表しました(主催:神戸市環境局環境政策課)。


「ゆきのごしょエコクラブ」は児童館の前にある公園でクリーン作戦を行ったり、
エコレンジャーに來てもらい、エコについて自分で考え、モンスターを倒すゲームで遊んだそうです。

 

あさひ児童館「あさひクラブ」では「やさいクラブ」を作って、地産地消(ちさんちしょう)に挑戦!
みんなで育てたジャガイモ、玉ねぎを使って、カレーを作ったそうです。
また、外來種の生き物を退治するために池の水を抜く「かいぼり」にも挑戦したそうです。

  

「なんでだろう塾」では「ざつがみ ちきゅう レスキュー隊」を作り、雑紙集めに取り組んでいるお友達です。
トイレットペーパーの芯などを集め、今年は256kgになりました。

  

「あきばだいじどうかんエコキッズ」は公園のそうじや、地域の老人會と一緒に花だんの植え替え作業をしたり、
野菜のさいばいをおこなっています。
また、手回し発動機でLEDを點燈させる體験をしました。何回も回さないといけないので、
いつもスイッチでつく電気をつくるのが、こんなに大変だとは思わなかったそうです。

  

「玉一アクアリウム」は玉津第一小學校のクラブです。今年も明石川を守るため、
外來種を減らし、在來種や絶滅危懼種を増やす活動をしています。
地道な活動により、明石川は在來種が増えつつあるようです。

  



発表會のあとは、NPO法人六甲山の自然を學ぼう會の方が
「花のおもてなし、蟲と花のだましあい」のお話をしてくれました。

  



そして、最後のお楽しみは、落ち葉を使っての工作。
太陽の光に當てるとまるでステンドグラスのようになります。
みんな夢中で作りました。

  

どのクラブも、すばらしい活動報告でした。続けていけるように、これからもみんなでがんばりましょう!






実験屋臺「はてなのおみやげ」こたえ合わせ(知ってる?電気のつくり方)

この冬も登場しました。バンデちゃん!
日本でも數少ない大型の靜電気発生裝置(靜電気を作って溜めておける機械)、バンデグラフ起電機です。
アメリカのR?J?ヴァン?デ?グラフさんという物理學者が1929年に発明した発電機です。

今回、電気には靜電気と動電気の種類があることや、
電気のつくり方にも様々な方法があることを、博士から教えてもらいましたね。

火力、水力、風力、原子力のほか、太陽でも電気は作れるので、
今回は太陽電池を使って、みんなにも協力してもらって発電しました!
太陽電池は當てる光を強くすると、作る電気も大きくすることができることが、わかりました。


そこで今回のはてなのおみやげは
「同じ明るさの光なら、太陽電池で一番発電できるのはどれでしょう」でした。
 ①白熱電球
 ②蛍光燈
 ③LED



<こたえ>


太陽電池で動くバッタで実験しましょう。 

白熱電球。電球から距離が遠くても動きます。

これは蛍光燈。近づけないと動きません。

これはLED。これも近づけないと動きません。

というわけで、こたえは①白熱電球でした。


発電力は、白熱電球が最も大きくて、LED、蛍光燈の順に下がります。
蛍光燈が最も発電効率が悪いようです。


太陽の光で発電できる一番の理由は、ものすごく明るいからです。
蛍光燈の100倍ぐらい明るいんだよ!


では、太陽の光のほかに白熱電球でも発電できるのはなぜか?
答えは明るさだけじゃなくて、光の種類のせいなんです。
光にはいろいろな色がふくまれています。



白熱電球は太陽の光と同じようにいろいろな色がふくまれているけど、
それに対して蛍光燈やLEDは色が少なくて、太陽の光とはずいぶんちがうんだ。
人間の目には同じように見えても、太陽電池にはこのちがいが重要なんだよ。


灘浜サイエンススクエアの展示室にも「発電とエネルギー」のコーナーにいろいろな展示物がありますので、
ぜひ一度、ご覧くださいね。


「パチパチ 靜電気でくっつく はなれる」の実験を、まだ見ていないお友だち、もう一度見てみたいお友だちは、
土曜?日曜?祝日の2時になったら、なだはまルームの「実験屋臺」に集合!
*「なるほどくらぶ」開催日は「実験屋臺」はお休みです。

また、電気のつくり方について、もっとくわしく知りたいお友だちは
第4日曜日(1月は第4土曜日)の科學実験講座「なるほどくらぶ」に參加しよう。


ミニ水田で稲刈り。初めての収穫です。


ビオトープにミニ水田ができ、6月16日に田植えをしました。
臺風にも負けず、すくすく成長し、稲が重くて倒れるほどです!
いよいよ稲刈りをすることになり、
田植えをしてくれたお友達が、手伝いに來てくれました。


さっそく稲刈り開始!
NPOの方から鎌の使い方を教えてもらいます。稲刈り初體験です。

まずはお兄ちゃんから。うまくできるかなあ。


お兄ちゃんに負けないように????


刈った稲を紐でまとめます。


無事に稲を守ってくれた、かかしに感謝です。

見て見て!稲刈りできたよ!


僕たちもする!と飛び入り參加してくれたお友達が來ました!
鎌はどっちがいいかな。

私たちもがんばる!


ご家族でがんばってくれたご友達もいらっしゃいました。


清水先生から稲のお話しも聞きました。
これで、ますますお米が好きになってくれたらいいな。


今日もビオトープは、いいお天気です。




ページトップへ

庆福彩欢乐生肖开奖结果